Monthly Archives: 1月 2016

戦力的負担と経済的な負担

安保法制を支持する理由として、アメリカの兵隊にだけ血を流させて日本は何もしないのはおかしいという意見がありました。しかしもともとアメリカが日本を監督および保護するという名目で日本から交戦権を奪う憲法を成立させた経緯で、不均衡な関係になっているわけです。しかもアメリカは軍事力で日本を守る変わりに、日本から経済的な収奪をしてきたわけで、一方的に防衛力を提供するなんて損なことをアメリカが続けてきたわけがないでしょう。

そこで、今回の新法制で日本も軍事力を提供する方向に行く場合に、その分、経済的な不利益は軽減されるようになるのか? という疑問が自分にはありました。おそらくアメリカが手に入れている優位性を手放すわけがないと。

案じたとおり、思いやり予算の交渉で日本は軽減を望んでいるがアメリカはそのつもりがなく交渉が難航しているというニュースです。

経済的不利益を押し付けられることのない本当に対等な関係になるには、日本の交戦権を完全に解放するしかないのではないか。それでも核の傘に守られている限り、アメリカは難題をふっかけてくるのではないか。

解釈改憲でいくらか戦闘に参加するくらいで、対等だと思ってもらえると考えることこそ平和ボケなのではないか。

これは憲法改正とか核の保持を主張しているのではなく、現憲法に忠実に完全な非軍事を貫き経済的な貢献に徹するという選択肢も残した上で、今回の安保法案のような中途半端な考え方は世界から敬意を持たれないのではないかという予想です。カードローン来店不要