日々のやりくりを重視してみよう

月末になると金欠で困っているという人は、お金のやりくりをきちんと考え直した方がいいと思います。まず、お給料を貰ったら、小分けすることがポイントです。私がやっているのは、光熱費や家賃、食費というように、分けることです。現金支給されない人でも生活費は口座から引き出すはずです。その時、最低限の生活費を引き出します。余裕を持って多めに引き出さないようにするのです。そうすれば、引き出した中で必然的にやりくりするようになります。

一般的には、光熱費や税金、家賃は口座引き落としです。そのため、これらは勝手に引き落とされるので考えないようにします。問題は、やはり食費や交際費などです。食費も交際費もやり方次第で節約できます。

いつも余計なものを購入してしまう人は、お財布に余分にお金を入れておかないようにすることもポイントです。そうすれば、飲み会に参加したくても参加できなくなります。コンビニに立ち寄ってスイーツを買うお金もないので、自然とそのまま帰宅することになるはずです。

最初はこのくらい徹底的に節約していくと、月末に困ることもなくなってきます。感覚がつかめてきたら、少し緩和させて、たまにはご褒美にスイーツを買うなど工夫すると、ストレスを感じることなく、飽きずに続けられるようになると思います。みずほ銀行カードローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です