お金に困った時、国からお金を借りる裏ワザ

お金に困ったらクレジットカードのキャッシングやサラ金(消費者金融)でお金を借りることを真っ先に思いつく方が多いと思います。

当たり前ですが、高い金利を取られます。特にクレジットカードのキャッシングは18.0%と高いんですよね!

そんな時、市役所でお金を借りるという裏ワザがあるの知ってますか?

国には「総合支援資金」という制度があり、申請窓口は住んでいる市町村の社会福祉協議会になります。

お金に困った時に借りれるのは「生活支援費」といい、単身なら15万円まで、2人世帯なら20万円まで借りることができます。

金利は1.5%~3.0%と低金利で、連帯保証人を付けられれば無利息です。

審査があり、一時的に病気で仕事ができないなど生活に困窮しているが、病気を治せば返す見込みがあるような方。

仕事ができず、医療費で困っているような場合は相談してみる価値があると思います。民生委員の人に相談してみても良いでしょう。

レジャーでお金が必要なら借りることはできませんが、本当に困っているなら国が助けてくれます。

高金利のキャッシングやサラ金に手を出すと金利を返すのが精一杯になって抜け出せなくなることがありますので、困窮している場合はまず相談してみることをオススメいたします。

カードローン在籍確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です