北朝鮮がミサイル発射実験をやったことについて

北朝鮮は14日に弾道ミサイルを発射したとのことで、高度2000キロ以上に達し800キロ以上を飛行したもようとのことです。その事に対して日本政府は「国連の安保理決議に違反し、我が国の重大脅威だと強く抗議する」と表明しました。今回の発射は中国の一帯一路サミット当日なので、中国は決して快く思っていないだろうとのことです。北朝鮮はアメリカに対しても何かある度にミサイルや核実験を行っているようです。核やミサイルを持つ事でアメリカと対等に話し合いをしたいとの予測が出ています。

今回のミサイル発射により中国はいままでよりも北朝鮮にたいして厳しい態度をとるでしょうし、ロシアも自国領土にミサイルの残骸が落ちたことで態度が厳しくなるのではとの予測があります。

北朝鮮のあいつぐ核実験やミサイルの発射により国連で経済制裁の決議がなされたようですが、中国やロシアがそれにあまり従わなかったようです。今回のことで両国も北朝鮮に何等かの圧力をかけるのではないかと思います。

ただ北朝鮮は核兵器を持つことによって核兵器を持つ国と対等に渡り合っていき、一方的な攻撃にさらされないようにとの思惑があるのではないかと言われています。

北朝鮮が核兵器を持つことにより、東北アジアの平和が脅かされます。そのためにも北朝鮮に対して核兵器を持たないように関係国が粘り強く説得することが必要ではないかと思います。オリックス銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です